トップ> 活動報告> 第3回ハナモモの育樹祭開く

活動報告

第3回ハナモモの育樹祭開く

19.02.23

高蔵寺ニュータウンをハナモモの名所にしようという「桃源郷プロジェクト」の第3回植樹祭が高森台県有地の高齢者福祉施設「どんぐりの森」で開かれた。「高森台県有地の活用を提案する市民の会」の主催で、市民ら約100人が60本の苗木を植樹した。開会のセレモニーの後、苗の植え付け手順の注意事項の説明を受けた。植樹には伊藤太市長も参加。家族連れなど参加者が道路沿いの斜面に散らばって主催者が用意していた植樹用の穴に苗木を丁寧に植えた。子供達も足元に気を使いながら楽しそうに手伝っていた=写真。会場にはヤギやヒツジのほかポニーも用意し、子供たちが菜っ葉を食べさせたりポニーにお乗せてもらったりして歓声を上げていた。軽食や飲み物のほか、ハナモモの里・長野県阿智村の名産品やハナモモの苗木なども販売し人気を集めていた。